夏でも涼しく!壁面緑化で快適な暮らしを実現させよう!


壁面緑化で遮熱性が向上する理由

建物の壁に植物を這わせる壁面緑化は外観にアクセントを持たせる効果があるため、古くから世界各地で行われていました。近年では建物の遮熱性を向上させる効果があると注目されています。植物を這わせることで日光が遮られ、建物内の温度が急激に上昇するのを防ぐことができます。また、紫外線も遮るので建材も傷みにくくなり、それによって断熱材の劣化を防ぐことが可能です。

品種の選択を間違えないことが重要

壁面緑化は住宅の居住性を向上させる効果がありますが、どんな植物でも壁面緑化に向いているわけではありません。成長が早く、建物全体を覆うほどの葉や蔓を茂らせる品種が適していると言えますが、その一方で配線や配管を損傷させるおそれもあります。また、害虫や病気の被害に遭うと遮熱効果が得られないばかりか非常に見栄えが悪くなってしまうので注意が必要です。壁面緑化を行うなら立地環境に適していることや、病気などのトラブルに強いことを優先して品種を選ぶように心がけます。

壁面緑化を長持ちさせるための工夫

壁面緑化が失敗する理由の多くは肥料や水の与え方を間違えることです。どんなに頑丈な品種でも日頃のお世話が間違っているとすぐに枯れてしまいます。枯れないまでも壁を覆うほど成長しないことがあるので、特に発芽直後は注意しなければいけません。肥料や水は少なすぎても多すぎても良くないので、品種ごとの最適な育て方を事前に学んでおく必要があります。余計な葉や蔓を剪定するのも壁面緑化を長持ちさせる必須条件です。

壁面緑化とは建物の壁を植物で覆うことです。これにはいくつかメリットがあります。例えば建物の外観がきれいになったり、植物を育成することで環境に良かったりします。