紙巻きタバコから電子タバコに切り替えるメリット


水蒸気を吸いこむ電子タバコ

従来の紙巻きタバコには、依存性が高く血管に悪影響を及ぼすニコチンや、重大な病気に繋がるタールなど良くない成分が数多く含まれています。それらの問題は電子タバコに切り替えると、解消できるかもしれません。電子タバコというのは専用のリキッドを電気の力で水蒸気にして、それを口から吸い込む形です。あくまでも水蒸気なので、紙巻きタバコの煙とは異なります。

ニコチンやタールが少ない

電子タバコに使用するリキッドは、日本で販売されているものだとニコチンが含まれていないという特徴があります。そのため海外から輸入しない限り、依存性を高めずに済むのが強みです。さらにタールなどの有害物質が含まれている量も非常に少なく、リキッドの選択次第では健康被害の心配がないただの香りが付いた水蒸気を吸うスタイルにもできます。したがって口寂しさを紛らわせるためにタバコを吸っている人であれば、その目的は十分に果たせるでしょう。

形が似ている加熱式との混同に注意

ただ電子タバコに切り替える際に注意しなければならないのは、加熱式タバコと混同してしまうことです。外観が非常によく似ている上に、電気で動く点も共通しています。しかし加熱式タバコはあくまでも紙巻きタバコの発展形で、内蔵するのもリキッドではなくタバコの葉です。そのため紙巻きタバコから切り替えたとしても、有害物質の量はそこまで減らせません。電子タバコも加熱式たばこも製品の数は非常に多いため、間違えてしまうことなく自分に合ったものを選びましょう。

pod型vapeは、お洒落で携帯にも便利なため人気が高まっています。掃除や部品交換などのメンテナンスも不要です。数多くのバリエーションが発売されていますので、自分に合った製品が見つかるでしょう。