腕時計はどっちを選ぶ!?アナログVSデジタル


アナログ腕時計について

こちらは昔からある、針の位置で今の時刻を知らせるタイプの腕時計になります。
特にブランド物の腕時計はこころなしかデジタルよりアナログのほうが多い気がしますよね。それを裏付けるかのように、針の細かなデザインや、文字盤の丁寧な表現は、その腕時計の値段以上の高級感を醸し出してくれます。
また、一般的な製品として、アナログ腕時計はデジタル腕時計より指し示す時間のズレが起こりにくいです。
しかし、少し気になる点として基本的に購入時の値段が高い、時間のズレが起きたり、針がずれてしまった場合は時計を修理してくれるお店に行かなくてはならないときもあるという事が挙げられます。

デジタル腕時計について

こちらは比較的時代が新しい、腕時計の液晶に今の時刻を表示し、時刻を知らせるタイプの腕時計になります。
着用している年代として、大人より学生の方が多くつけているイメージが有るのではないでしょうか。
その性質により、表示する時刻のズレが起こりにくい、たとえ起こったとしても電波などで自動で修正されるか、簡単に自分で直すことができるということも挙げられます。また、デジタル腕時計はアナログ腕時計と比べて価格が安い傾向があります。
しかし、ものによっては安っぽく見えてしまいますので、しっかり選んで購入することが大切です。

まとめ〈アナログVSデジタル〉

ここまでアナログ腕時計とデジタル腕時計についてまとめましたが、購入の判断基準としては、「その時計を使用する人の年代」「予算」「デザインの好み」等が挙げられると思います。素敵な腕時計に出会えると良いですね!

IWCというのは、国際捕鯨条約に基づいて設立された国際機関International Whale Committeeの略称である。年に一度、捕鯨頭数の割当てや漁を行う時期、漁場の決定などを行う。